Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://summary2ch.blog69.fc2.com/tb.php/24-11605e07
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

真ジャンル「おばけ」

1 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 02:16:49.14 ID:Um8J2y5/O
男「さて、そろそろ寝るかな」
女「こんばんわー……」
男「またお前か。俺はもう寝るからな」
女「あ……おやすみなさい……」
男「……なにしてんの?」
女「朝まであなたの寝顔を見ているつもりです……」
男「ちょwww布団入るなwwwww」



4 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 02:17:58.07 ID:L3GCHguS0
そのおばけ僕に下さい。大切にします。



11 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 02:22:26.93 ID:Um8J2y5/O
女「あの……寒くないですか?」
男「……」
女「もう寝ちゃったのかな……」


女「……ほっぺにちゅーとか、したかったのになぁ……」



12 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 02:25:41.52 ID:ft4owxzw0
女「やだやだ、ピーマン嫌い!なんで買ってくんのよー」
男「どうせ食うのは俺なんだから良いだろ」



16 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 02:27:34.44 ID:Um8J2y5/O
男「あのな」
女「ひゃっ!?起きてたんですか?」
男「お前に身体があったら、とっくにキスしてるからな」
女「あ……」


女「……はい」



17 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 02:32:40.90 ID:L3GCHguS0
>>16
(´・ω・`)セツナス



18 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 02:36:19.06 ID:qD8kVfW7O
あなたのことを想うと…とっくに止まったはずの心臓がとくん…とくん、て
だから、私、この気持ちがあれば…



19 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 02:39:11.39 ID:Vwm4Zh5UO
>>18
(´;ω;`)ウウッ・・・



23 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 02:52:38.94 ID:qXTnDjzB0 ?#
僕の部屋には可愛い幽霊がいます、その幽霊は僕と一緒にいたいらしく
僕も彼女と一緒にいたいと思っていました、そして僕はひきこもりになりました
部屋に光をいれないのも彼女が光が苦手だからです



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[(´・ω・`)] 投稿日:2006/06/03(土) 02:53:23.17 ID:ngAbWyXT0
女「あの…」
男「ん?」
女「私の姿、見えてるんですか?」
男「見えない」
女「それなのに、好きですか?」
男「あぁ」
女「…変わった人ですね」
男「お前の変わり振りにゃ、一生追いつけねぇ」
女「…」
男「だから一生終わるまで待ってろ」
女「…はい」



54 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 03:55:59.90 ID:BB2GumCe0
>>24
お前文才あるな



32 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 03:06:51.00 ID:qD8kVfW7O
保守がてら
男「おーい、皿洗い手伝ってくんない?」
化「あ…はい、喜んで」
男「………ごめんやっぱいいや」

化「……………私は割ったりしないのに…」



33 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 03:08:39.65 ID:Uu2q4HMi0
男「ふぅー」
女「・・・・・///」
ジャー、ガチャ
男「あのな、トイレまで付いてこなくていいから」
女「・・・・・・・・・・離れられないの、、へ、変な意味じゃなくてねっ///」



34 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 03:11:18.95 ID:qD8kVfW7O
ツンバケktkr



35 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 03:12:15.44 ID:ngAbWyXT0
男「なぁ」
女「はい?」
男「お前、幽霊なんだよな?」
女「そうですよ」
男「だったら、もうちょっとこう…幽霊らしい真似したらどうだ」
女「…どんな風に?」
男「そうだな…うらめしや、とか」
女「私はあなたのこと恨んでませんし…」
男「…」
女「あ、だったら代わりに…」
男「お、何だ」

女「裏が飯屋で表が蕎麦屋…なんて…」
男「…」
女「ダ メ カ ナ ?」
男「ダ メ ダ ヨ ♪」

男「夕飯の線香没収な」
女「ひどい…」



37 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 03:15:48.75 ID:L3GCHguS0
>>35
お供え物じゃなくて線香なんだwww



48 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 03:45:39.07 ID:Uu2q4HMi0
スコスコスコスコピュッ
男「うっ」
男「さて、寝るか」
女「・・・・もぅ、片付けるの私なんだから」





49 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 03:47:02.94 ID:L3GCHguS0
>>48
人でもありえんwwwww





50 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 03:49:43.13 ID:++zSq60a0
>>48
むしろ幽霊にエロポーズ要求、みたいなのの方がよさげかも


何言ってんの俺wwwww



51 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 03:51:41.48 ID:ngAbWyXT0
  △
ξ゚⊿゚)ξ …



53 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 03:55:06.65 ID:qXTnDjzB0 ?#
幽々子思い出した



55 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 03:57:10.03 ID:ngAbWyXT0
男「ところでさ」
女「何ですか?」
男「お前の死因って何?」
女「(゚Д゚)」
男「こっちみんな」



59 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 04:16:12.71 ID:qD8kVfW7O
保守がてら
女「男さんすごいモテモテです…ざっと10人位に囲まれてますよぉ…」
男「墓参り中にそんな事言われても嬉しくねえよ…」



60 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 04:27:14.29 ID:ngAbWyXT0
女「そうなんですか…借金が嵩んで…」
男「…」
女「まぁ、利子がそんなに? 大変でしたね…」
男「…」
女「でも大丈夫! これからは家族水入らずで暮らせますよ! 文字通り水飲まなくても平気です!」
男「そこに誰が居るんだ…」
女「え? 一家心中したご家族が新居を探して…」
男「早急に出てって貰え」



61 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 04:59:33.77 ID:ngAbWyXT0
男「寝る前に一応保守だ」
女「ふぁ…眠いです…」
男「ま、幽霊は寝る時間だな」
女「いま起きたとこですよ?」
男「…幽霊のくせに」



64 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 07:58:33.84 ID:ZwKpDO7F0
これは萌えたwwwwwwwwww



68 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 08:27:05.25 ID:t1EROZN70
女 あなたを呪い殺します
男 別にいいよ

女 どうして?
男 死ぬ前に見れる最後のものが君なら喜んで死ぬよ

女 ・・・そんなこと言われると殺せないじゃない・・・私、幽霊なのに・・・うぅ・・・
男 俺は君の泣き顔なんて見たくないだ、笑顔で殺してくれ・・・



70 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 08:34:39.65 ID:Djybxy860
>>68
>見たくないだ

何をするだーッ 思い出したww



71 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 08:36:02.25 ID:2N4JtT6N0
これはいいインターネッツですね

女「はぁ…新入りさんなんですかww…これからが本番ですよ」
男「俺には見えないんだが…今度は誰としゃべってるんだ?」
女「岡田さんっていう人です」
男「…ファンファン大佐!?」


(心よりご冥福をお祈りします・・・)



72 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 08:38:40.94 ID:2K6rfvyY0
これなんてツンデ霊?

って思ったら微妙に違うんだなwwwwww



75 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 08:55:43.56 ID:/Mb5WbMX0
霊「ひゃあっ!」

霊「きゃっ、また出たぁっ!」

霊「ふえええっ!撃ってきたぁ~!」

男「お前な・・・」
霊「うぇぇぇ・・・怖いです・・・」
男「幽霊なのにSIREN怖がってどうする」
霊「だってぇ~・・・」

美奈『リ~~~~サ~~~~~~・・・・・・・・・』

男「ぎゃああああああああああああ!!」
霊「ぎゃああああああああああああ!!」
す[] 投稿日:2006/06/03(土) 10:02:14.40 ID:oK+tcN3bO



79 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 10:10:28.32 ID:4KfOAhSRO
これは流行る





87 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 11:03:08.79 ID:2KjQ4EE50
男「なむあみだぶつ」
女「ぎゃああああああああああああああああ」





88 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 11:05:13.47 ID:uRwbnxTk0
ちょwww



91 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 11:24:25.22 ID:bYyTOe0Y0
ある有名な心霊スポットへ、深夜に車で行ってみたんです。
トンネルを抜けると、そこが有名な心霊スポット。
と、そこに目の前にふっと女の人の白い影が。
あ! と思って、慌ててブレーキを踏んで降りてみたところ、そこに人影はなく、目の前は崖。
ガードレールが壊れていて、ブレーキを踏んでなかったら落ちてしまっていたかもしれない。

「あの幽霊は助けてくれたんだ」

そう思って、そこで手を合わせ、お祈りして帰路についた。

トンネルを引き返す途中、ふとミラーを見ると、後部座席に先ほど目の前を横切った女の人の姿が……。
その女の人は、こう呟いた。

「死ねばよかったのに」

「いや、でもホント助かったよ。ありがと」
「ば……ばかっ、あんたなんか死んじゃえばよかったのよ!」
「お礼しないとな。また来週きてもいいかな」
「ダ、ダメっ! また落ちそうになったら危ないわゎ!!!」

翌週、なんか弁当用意して待っててくれました。
作りすぎただけで、決して僕のために用意したんじゃないそうです。



93 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 11:28:49.77 ID:py4C+r+h0
>>91
そう、このコピペがまず浮かんだ



122 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 15:53:54.77 ID:m00UIaQwO
男「じゃあおやすみ」
女「おやすみなさい」
男「お前と話してると色んな嫌なこと忘れられるよ」
女「あら…ありがとう」
男「毎晩ありがとな」
女「…」
男「いつも感謝してるよ」
女「…ようやく言ってくれたのね」
男「ハァ?」
女「ずっと聞きたかったのよ、その言葉」
男「…」
女「りっぱになったわ…たかし」
男「……カーチャン(`Д)」
女「じゃあね、もう行くわね J( 'ー`)し」



123 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 16:04:06.17 ID:Uu2q4HMi0
ちょwwwwwwwwwwwwwwww



124 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 16:19:44.87 ID:fFBW6hnw0
かーちゃんwwwwww


136 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 19:02:48.08 ID:qD8kVfW7O
保守ついで
男「なあ」
女「はい?」
男「なんとかしてお前に触れられないもんかなぁ」
女「…えーと、それは…」
男「いや、やましい気持ちはないけどな?……もしかして今ちょっと期待したか?やらしーんだー」
女「ち、違いますぅっ…で、でも、うぅん…そうですね…
  どなたかをお部屋にお招きして頂いて、その方に私が憑衣すればいい…のかな?」
男「無理。……お前に適うほどの美人知らねえもん」
女「(°д゜)」



137 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 19:03:50.85 ID:qD8kVfW7O
>>136
いかん、顔がおかしい



139 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 19:12:56.25 ID:Uu2q4HMi0
女「ちょ、ちょっと!!!!!!!!!!」
男「ん、どうした??」
女「お供え物のごはんに塩かけたでしょ!」
男「あ、、いや、美味しいかなと思って・・」
女「やめてよね!成仏しちゃうじゃない!!」
男「( ゚д゚ )」



138 名前:①[] 投稿日:2006/06/03(土) 19:08:43.43 ID:Z9S2irID0
ちょっと長引くから分割

女「はぁ…もうすぐ夏ですねぇ…」
男「そうだな」
女「嫌だなぁ…」
男「何だ、夏嫌いか?」
女「嫌いですよ…だって…」
男「だって?」
女「仕事が入るから…」
男「…仕事?」
女「こう…お墓とか廃墟とか柳の下に立って…」
男「うらめしや、と?」
女「そうです。嫌だなぁ…」
男「何が嫌なんだ。お前だって幽霊だろうが」
女「幽霊だろうと怖いもんは怖いんですよ…はぁ…今夜は今夜で練習があるし…」
男「練習って…立つだけだろ」
女「立つにもコツがあるんです。如何にも恨みがあるように見せかけないと…」
男「…」



140 名前:②[] 投稿日:2006/06/03(土) 19:15:42.95 ID:Z9S2irID0
女「やだなぁ…」
男「やだやだ言ってても仕方ねぇだろ。…ほら、俺も練習手伝ってやるから」
女「え!? …良いんですか?」
男「別に良いよ。どうせヒマだし」

近所の墓場にて

女「で…どうしましょう?」
男「よし、俺が向こうから歩いてくるからおどかしてみろ」
女「わ、解りました」

男「…(すたすた)」
女「わーーっ!!!!」
男「…」
女「だ、駄目ですか?」
男「…あのな、大声出しておどかす幽霊がいるか?」
女「でもでも、びっくりするでしょ?」
男「別の意味でな…」



141 名前:③[] 投稿日:2006/06/03(土) 19:22:24.08 ID:Z9S2irID0
男「そもそも、恨みがましくしてなきゃ駄目だろ」
女「そ、そうですよね。じゃ、もう一回…」
男「よし」

Take2

男「…(すたすた)」
女「うぅ…」
男「(お、少しは雰囲気でてるな)」
女「うらめしやぁ…」
男「…」
女「ま、まだ駄目ですか?」
男「何か違うな…ただうらめしやと言うだけじゃ足りないのかも」
女「それじゃ…どうしましょう?」
男「何でうらめしいのか、そこが大事だな」
女「じゃ、理由も一緒に言います」
男「よし」



143 名前:③[] 投稿日:2006/06/03(土) 19:31:40.86 ID:Z9S2irID0
Take3

男「…(すたすた)」
女「うらめしやぁ…」
女「うらめし…やぁ…」
女「うら…めし…やぁ…」
男「理由言えよ…」
女「だって…私、意外と大往生だったから…」
男「…」
女「あ、そう言えばここに私のお墓あるんですよ。見ます?」
男「見たくねぇ」



144 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 19:35:17.46 ID:Uu2q4HMi0
>>143
ワロタwww



145 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 19:36:36.11 ID:2K6rfvyY0
>>143
ばーちゃん。。。



146 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 19:43:51.34 ID:rX8B+PVo0
今北良スレ認定

>>143
ちょwwwww大往生かよwwwwwwww



147 名前:④[] 投稿日:2006/06/03(土) 19:45:22.14 ID:Z9S2irID0
女「ほら、あれですあれ!」
男「人の話聞けよ」
女「あ!」
男「どうした?」
女「な…無くなってる…」
男「何が?」
女「お供え物の…お饅頭が…」
男「…」
女「あとで食べようと思ってたのに…」
男「食うのか…」
女「解りました…これがうらめしやの理由…」
男「子供かお前…」
女「食べ物の恨みは恐ろしいんですよ! 今年はこれで行きます!」

その夏、町の各所で
「私のお饅頭食べた人、うらめしやぁ…」
とか言う幽霊があちこちで目撃された。

<終り>

>>145
男「え、お前ばあちゃんだったの?」
女「ち、違いますよ! あれは安らかに逝った、ってことです!」
男「あぁ、そういうことか…ところで、お前何歳?」
女「女性に年齢聞くなんて失礼ですよ」
男「享年でもか?」
女「享年でもです!」



150 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 19:55:07.97 ID:2K6rfvyY0
>>147
GJwwwwwwwwレディーモエスwwwwwwwwwwwwwww



166 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 23:00:55.42 ID:Uu2q4HMi0
女「呪ってやるぅぅぅ」
男「ひぃーごめんなさいー」
幽「あ、あの、、もう先約いますから」

女「・・・・・・・・・・」
男「・・・・・・・・・・」



169 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 23:34:33.49 ID:Z9S2irID0
女「今度、町内の皆で運動会をするんです」
男「…会場は夜の墓場か?」
女「何で知ってるんですか!?」
男「何でも良いだろ。ちなみに何に出るんだ?」
女「私ですか? 私は…骨食い競争です」
男「怖ぇ…」
女「だって、他に食べるもの無いから…」
男「お供え物があるだろ」
女「あれは、お供えされてる人しか食べちゃ駄目なんです。暗黙の了解ですよ」
男「…他には何がある」
女「憑き物競争とか」
男「どんな競技だ…」
女「えぇとですね、紙に書いてある通りの人に憑いて来るんです。帽子を被ってる人とか、スーツを着てる人とか」
男「ハタ迷惑だな…」
女「応援、来て下さいね」
男「怖いからいやだ」



172 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 23:44:18.53 ID:qD8kVfW7O
男「お前にもいつか成仏できる日がくるのかな」
女「そうですねぇ………ただ、そのときは」
男「うん」
女「…未練を残しては逝けないから、あなたのことも忘れなきゃなりません」
男「うん」
女「…でも、だから、そのときは、わたしのこと覚えていてくれませんか」
男「うん」



175 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/03(土) 23:55:56.67 ID:4dEax0fT0
>>172
(´・ω・`)セツナス



204 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/04(日) 02:25:06.23 ID:ew/yT5d/0
男「お前と居ると楽しいけどさ」
女「はい」
男「夜しか会えないってのは、頂けないな」
女「しょうがないですよ。私、幽霊だし」
男「…昼間はどうしてるんだ? お前」
女「昼間ですか? 寝てますよ」
男「…何処で」
女「お家で」
男「家? 墓のことか?」
女「そうです」
男「んじゃ…昼でも起きててくれれば一緒に居られるな」
女「でも…昼間は私薄いから見えませんよ」
男「あ、そうか…」
女「・・・」
男「・・・」
女「…影が薄いって意味じゃないですよ?」
男「解ってるよ」
女「…髪も薄くないですよ」
男「解ってるっての」
女「…早死にだから幸は薄いかもしれませんけど」
男「誰が上手いこと言えと(ry」



264 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/04(日) 14:32:25.69 ID:CpLp+c1D0
黙デ霊

男「暇だ・・・」
霊「・・・・・・・・・」
男「・・・なぁ」
霊「・・・・・・・・・」
男「可愛いよ」
霊「・・・・・・!!!」
男「好きだ」
霊「・・・(///)!!!」
男「キスしたい」
霊「・・・・・・(////////)!!!」
男「俺の子供を産んで欲しい」
霊「・・・(//////////////)!!!」
男「な~んて、な。あ~あ、俺も彼女作らないとな~」
霊「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」




その夜、久しぶりに悪夢を見た
スポンサーサイト




0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://summary2ch.blog69.fc2.com/tb.php/24-11605e07
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

松岡美羽

Author:松岡美羽
やきいもで おなら 十連発

最近の記事

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。